2014-01-02

「ヴァージン・スーサイズ」ー 実はおしゃれでガーリーなだけじゃないんだよ

The_Virgin_Suicides.jpg

ご挨拶が遅れました。
みなさま、明けましておめでとうございます鏡もち
本年も、ブログは続けて参りたいので宜しくお願い致します♪

さて、今年初のブログは「ヴァージン・スーサイズ」になります。かなりオススメの作品でございます。
(...が、今現在はDVDは手に入りづらい状況でございます。)
ソフィア・コッポラというとすぐに”ガーリー”はたまた”おしゃれ”な映画を撮る監督さんというイメージになってしまっているらしい。映画にかっこいい&すてきな音楽が使われていたり映画の色合いがナントカ女子とかに好まれそうな色合いですよね、なんとなく。確かにねいまどきの女の子たちが好む要素がてんこ盛りです、他の作品も。。。
三作目になるキルスティン・ダンスト主演の「マリー・アントワネット」だってきらびやかなドレスやケーキとかね、それだけってカンジでなんでも褒めちぎり感動してしまう私も途中で断念いたしました悲しい
眠かったせいもあると思うので、「マリー・アントワネット」につきましては再び挑戦したいといつも思っています(未だに達成していないのです)
で、本題の「ヴァージン・スーサイズ」ですが作品中使われる写真もソフィア・コッポラがみずから撮影したり、映画のオープニングなんかもオサレな女の子っぽい手書きのフォントが使われたり、日本の女の子が食いつきそうで「最後まで見られるかしら、わたし」って不安でいっぱいになりましたわけですよ。
ところがところが、すぐに70年代の若者にすっかり自分までなりきってしまうほどの入りこみようであっという間にエンディングになって涙涙...でした。どんな涙なのかは後ほどご説明致しますねラブラブ

ストーリー
美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのあるリズボン家の5人姉妹。ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれたパーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。
(allcinema ONLINEより)


キャスト
ロナルド・リスボン      ジェームズ・ウッズ
リスボン夫人      キャスリーン・ターナー
ラックス・リスボン(14歳)      キルスティン・ダンスト
ボニー・リスボン(15歳)      チェルシー・スウェイン
メアリー・リスボン(16歳)      A・J・クック
セシリア・リスボン(13歳)      ハンナ・ホール
テレサ・リスボン(17歳)      レスリー・ヘイマン
トリップ・フォンテーン      ジョシュ・ハートネット
ティム・ウェイナー      ジョナサン・タッカー   
ポール      ロバート・シュワルツマン   
ジェイク      ヘイデン・クリステンセン   
ムーディー神父      スコット・グレン
ホニカー医師      ダニー・デヴィート
トリップ・フォンテーン(成人後)      マイケル・パレ
ナレーター      ジョヴァンニ・リビシ

スタッフ・映画情報
監督      ソフィア・コッポラ
脚本      ソフィア・コッポラ
原作      ジェフリー・ユージェニデス『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』
製作      フランシス・フォード・コッポラ
ジュリー・コスタンゾ
ダン・ハルステッド
クリス・ハンレイ
公開      2000年4月21日(アメリカ)
日本公開 2000年4月22日
上映時間      97分
製作国      アメリカ合衆国
製作費      $6,000,000
興行収入      $10,409,377


DVD ヴァージン・スーサイズ

The_Virgin_Suicides1.jpg
【ひと夏の思い出 ー 刹那的な美しさを目撃している感覚になる作品】
目の前で上がっているきらびやかな花火を見ているとき、どんな風になりますか?
「綺麗だー!」「きゃ~、すごーい!!」って声を上げて興奮すると同時に一瞬の美、すぐに終わってしまうものと知っているからこそ自然と感傷的になります。そんな気分になる映画ですよね、うまく文章にできないんですが。
うーん、やっぱ「ガーリーな作品ではない」とは言えないな、リスボン家の女の子たちの気持ちは男の子には計り知れないものがあるから。その年頃の女の子たち、そしてそういう時代を過ごした元女の子はわかるかもしれない、忘れてしまっていなければだけど。
謎めいた13歳から17歳までの5人姉妹が中心のお話だけれど、あくまでも彼女たちに憧れる男の子たちの目線で描かれています。そして映画を見る人たち(わたしたち)は少年たちと同じく傍観者でいながら、時折少女たちの心情もよみがえってきます。「若草物語」のように姉妹たち一人一人については詳しく描かれていなくて、次女ラックス(キルスティン・ダンスト)と末っ子のセシリア(ハンナ・ホール)しか性格は掴めないんですね。姉妹の置かれた状況や心の動きを代弁しているのがラックスとセシリアです。それも断片なので余計に謎めいている。
地味だけれど、タイトルで惹かれてしまう「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」という原作にいちはやく目をつけ脚本を書き上げてしまった若いソフィア・コッポラはやっぱり七光りではないと感じました。

The_Virgin_Suicides3.jpg

【時代は70年代】
時代背景は、70年代アメリカ。日本にも共通していますが高度成長期まっただ中のこの時代は工業の発展とともに公害も表面化してきます。冒頭郊外の住宅地ののどかな景色が映し出され、オレンジ色の作業服を来たひとたちが大きな木に「撤去」の札を貼っています。リスボン家の前にある木が葉っぱが黄色くなっていく病気のために近々切り落とされ撤去されることになったのです。続いてけたたましく鳴り響くサイレン、近所の好奇に満ちた視線の中病院に搬送される末娘セシリア。「人生の辛さもしらないうちになぜこんなバカなことを?」と訊かれると「先生は13歳じゃないし…」と落ち着いた口調で答える。印象的なシーンですね。
「いまどきの子はわからないねー」と大人はよく言うけれど、分からないのじゃなく忘れてしまっているのではないでしょうか、その頃の自分を。複雑じゃなく、案外シンプルな思考をしていたと思います。セシリアはリスボン姉妹の中では一番知的で13歳とは思えないほど大人っぽく、工業発展によって起こる自然破壊などにいち早く気づいていました。母親の厳しすぎる教育方針が絡まって必要以上に悲観的な感情に走っていたのではないでしょうか。姉たちの他人(ひと)を蔑むような行動、情動的なふるまいに嫌気がさしているようなことも淡々と日記に綴っています。
ヘビトンボの季節、6月から9月の時期に起こった出来事はセシリアの自殺が発端となっています。
夏は少女たちを自堕落にし、関心があるものにはよりセンシティブになります。そして恋愛は10代の女の子たちを大胆な生き物に変化させます。セシリア事件の後に姉妹の次女ラックスがモテ男トリップに恋をしてまた新たな事件への伏線になります。
これらの一連の事件の目撃者はリスボン姉妹に関心を寄せる同年代の男の子たちです。

The_Virgin_Suicides4.jpg

【ノスタルジックな気分をくすぐるストーリー&音楽】
街路樹から漏れる夏の日差し、映画全体に流れる物憂げな雰囲気だけでノスタルジックな気分に入り込ませ、それだけでもうノックアウトってカンジです、わたくしきらきら
映像の色合いが黄色がかった「70年代色」ですよね。そこにトッド・ラングレンやハート、ギルバート・オサリバンの音楽が場面にキッチリはめ込まれるように一分の隙なく敷き詰められていて、言葉で表現しきれないほど胸がきゅんきゅんしてしまいます。(年甲斐もなく)全体に流れるAirの音楽もけだるげでいいです。ラックスが楽しい時間を過ごした後のひとりぼっちで迎えたグランドの冷たい空気感。大切なレコードを燃やされてしまう辛い場面、外出禁止令がとけない姉妹と電話で音楽の会話をする少年たち…歌詞が会話になっているんですよね~。ほんと、泣けました。しっかりツボを抑えてますよね、コッポラ監督エクステンション計算しつくされています。
少女たちの自殺が一つの主題にはなっているけれど、原因が何かとか関係なく実際は少女たちを傍観する空気感を一緒に感じる映画です。少年たちが成長して自分の親と同年代になってもリスボン家のあの夏の事件は忘れ去ることができないでしょう。子供たちのあの感情を忘れないでほしいし、自分も忘れないでいることを心がけたい。
名作と思いました、未見の方がおりましたら是非見てほしい作品です。

The_virgin_Suicides5.jpg

モテ男のトリップ(ジョシュ・ハートネット)は髪型、ファッションのせいか70年代の中村雅俊に見えましたたらーっ


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2013-12-22

「イン・ザ・スープ」ー 小粋なおじいちゃんと夢見がちな男の物語

in_the_soup.jpg

大、大、大好きな作品の1本です。1992年サンダンス映画祭でグランプリを受賞したアレクサンダー・ロックウェル監督作品、ロックウェル監督は「フォー・ルームス」の4人の監督の中の1人で彼がメジャーになるきっかけともなる作品が「イン・ザ・スープ」です。
主演はスティーブ・ブシェミ。例によってあの困ったような表情、八重歯もかわいくて相変わらずステキな演技を見せてくれてます。助演にはシーモア・カッセル。スティーブの引き立て役というよりすっかり主人公の1人となっていてこの映画を観た人はきっとこの可愛らしさに惹きつけられること間違いなし。まるで何かのキャラクターっぽい、赤ちゃんみたいな笑い顔kyu
カッセルはジョン・カサヴェテス監督作品を始め多くの作品に脇役として出演、ブシェミの初監督作品になる「トゥリーズ・ラウンジ」やウェス・アンダーソン監督の多くの作品に助演として出演している名優、1935年生まれの78歳えへ
アンジェリカ役のジェニファー・ビールスはあの80年代の代表作「フラッシュ・ダンス」の主演女優で一躍有名になりましたがそれ以降あまりパッとせずこの作品の監督であるロックウェルと結婚してから彼の作品「フォー・ルームス」にも出演しております。ゲストでジム・ジャームッシュも出ております♪

ストーリー
ニューヨークのボロいアパートに住むアルドルフォ(スティーブ・ブシェミ)は映画監督を夢見る青年。目下のところ職もなく、母親の仕送りを頼って生活するテイタラク。アパートの隣に住むウェイトレス、アンジェリカ(ジェニファー・ビールス)に秘かに恋心を抱き、自分の作品の女優で出演させることをもくろんでいる。支払いが遅れている家賃を払うため、いんちきプロデューサー(ジム・ジャームッシュ)の仕事を引き受けてはみたものの恥ずかしさを晒しただけの結果に。金に困った彼は、とうとう大事な自分のの脚本を売ることにする。ある日、ジョー(シーモア・カッセル)と名乗る老人が訪ねて来て脚本を千ドルで買ってくれるうえ、資金の援助まで申し出るのだった。

キャスト
ジョー      シーモア・カッセル
アルドルフォ      スティーヴ・ブシェーミ
アンジェリカ      ジェニファー・ビールス
スキッピー      ウィル・パットン
グレゴワール      スタンリー・トゥッチ
モンティ      ジム・ジャームッシュ
バーバラ      キャロル・ケイン

スタッフ・映画情報
監督      アレクサンダー・ロックウェル
脚本      アレクサンダー・ロックウェル 、 ティム・キッセル
製作総指揮      鈴木隆一
製作      ジム・スターク 、 ハンク・ブルーンタール
撮影      フィル・パーメット
製作年      1992年
製作国      アメリカ
原題      In the Soup

in_the_soup2.png

スティーブ・ブシェミ演じるアルドルフォ・ロロ(ステキな名前ハート)は映画監督を夢見ている...けれどなかなか実行に移せず、彼の部屋に貼ってあるタルコフスキーのような小難しい映画でも撮りたいと思ってただ脚本を執筆はするも自己満足して夢見るだけといった様子。頭の中では細かいこだわりや能書きや理屈をこねて隣人の美人アンジェリカの妄想ばかりしている彼。
そんな彼の前に現れたのが「ただのジョー」とだけ名乗るおじいちゃんケンタッキー
アルドルフォの脚本を多額の価格で購入し、さらに映画製作にかかる資金を援助してくれるという信じられない人物です。さすがにただ援助だけしてくれるワケではなく、援助する変わりにジョーの犯罪がらみの仕事の手伝いをするハメになってしまう。
in_the_soup4a.png

タイトルの「イン・ザ・スープ」というのは”どつぼにはまる”という意味だけれど、それこそアルドルフォの最悪の貧乏生活に輪をかけてますますどつぼにはまることになってしまうのだ。
この「ただのジョー」が何とも憎めない性格でアルドルフォとともに映画創りを真剣に夢見る無邪気なおじいちゃん、その割に映画に関する専門的な知識などはまったく持っていなくてただ夢に向かってめちゃくちゃな行動力で向かっていくのみ、まさに猪突猛進人間。
そんなジョーのお陰でアンジェリカともいい感じになってくるけれど、犯罪がらみの仕事の巻き添えで複雑な立ち位置になってくる。ジョーの真意を測りかね、「自分は利用されているだけなのかも」と疑いだすアルドルフォ。
最後は「やっぱ、ジョーおじいちゃんかわいいし、すごい人だわきらきら」という気持ちになったんだろうな、アルドルフォ....この映画が好きな人はみんな同じ気持ちになるはず。海での2人のシーンは映画の一場面としてだけではなく、一枚の写真を見ているようです、まさに芸術。結局、ジョーは資金だけではなくそれ以上の大きなものを運んでくれたんです、「脳内に引きこもっているだけでは何も生まれない」ことも教えてくれました。

in_the_soup3.png

私にとっての「古き良き時代」、1990年代の映画ですハート大小
おそらくジム・ジャームッシュの一連の作品を観ていると眠くなる人は耐えられなく退屈な作品に感じられるかも。
スティーブ・ブシェミのチャチャチャを踊る姿も可愛らしいのですよギザギザ moe
Trailerはカラーですが、実際はモノクロの映画です。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2013-10-31

「ルル・オン・ザ・ブリッジ」ー 若く美しい女性と中年男の恋の行方は...

lulu-on-the-bridge.jpg

ストーリー
サックス奏者、イジー(ハーヴェイ・カイテル)はライブ中に発砲事件に巻き込まれ重傷を負った。一命はとりとめ退院した彼は電話番号が書かれた紙ナプキンと不思議な蒼い石を手に入れる。紙ナプキンの番号に電話を入れたことがきっかけで駆け出しの女優のセリア(ミラ・ソルヴィーノ)と知り合い、恋に落ちる。幸せな時間を過ごす2人。だが、セリアが古典的な名画『パンドラの箱』のリメイクのヒロイン“ルル”役に選ばれ、ダブリンヘ撮影へ旅立ってから運命は変わり始める。

スタッフ監督・脚本・原作 ポール・オースター

作品データ
原題      Lulu on the Bridge製作年      1998年
製作国      アメリカ

キャスト
イジー・モーラー:ハーヴェイ・カイテル
セリア・バーンズ:ミラ・ソルヴィノ
ヴァン・ホーン博士:ウィレム・デフォー
ハンナ:ジーナ・ガーション
キャサリン・ムーア:ヴァネッサ・レッドグレイヴ
フィリップ・クレインマン:マンディ・パティンキン
ピエール:ヴィクター・アルゴ
ボビー・ペレス:ハロルド・ペリノー・ジュニア
デイヴ・ライリー:リチャード・エドソン
ソニア・クレインマン:ソフィー・オースター
本人のソックリさん:ルー・リード
笑う男:デヴィッド・バーン

以下 ネタバレあります

「ルル・オン・ザ・ブリッジ」ときくと、どうしてもアパレル・メーカーを思い出してしまう。。。
この映画からいただいたのでしょうか。某洋服メーカー。(調べてみないとわからないのだけれど。)

【うーん。なにやら一癖ある映画…どこかで見たな、この不可解さ】
作家のポール・オースターが脚本、監督を手がけた本作です。
私が一番最初に見たのはやはりWOWOWでした。
最初の印象は、なんだか不可解な雰囲気がただよう映画だなーと。
というか、イジー(ハーヴェイ・カイテル)がおかしな男の銃弾に倒れて虚ろな目で天井を見上げているシーンで
「これは、もしかして。。。」って感じたのですが見事に当たりました。
撃たれる前、ライブが始まる直前にトイレでおしっこをしているイジーは壁一面に貼られた新旧さまざまな女優の写真に見入っているのだけれど、その中にセリア(ミラ・ソルヴィーノ)の写真もありました、それ繋がりで想像してしまうワケです、ストーリーを。
私が感じたこの作品の不可思議な雰囲気というのは、イジーが撃たれて以降の話の展開があまりにも唐突すぎるというかうまく行き過ぎてるし、その後突然ワケの分からない悪役っぽい人たちに(イジーが拾った青白く光る石を探しまわっている一味)捕われ尋問を受けるシーンがまるで舞台の上の俳優っぽく見えたりする。
全体に流れる空気がとにかくおかしい…出演者も映画の中のもう1つの映画か舞台の俳優みたい、客に見せているように演じる俳優たちが舞台で白々く造られたセリフをはいているみたい。
カメラの人物の捉え方や人々の表情どれをとっても不自然です。
このしらじらしさ、どこかで見たことありますね、そうです、「マルホランド・ドライブ」です。
ベティの夢の中での人々がこれと似てる雰囲気を醸し出していました。すべてがベティの思い通りの展開でしたよね。
「ルル….」でもイジーが捕われる前までは、イジーの都合のいいようにお話はすすみます。中年男が不思議な青白く光る石を拾いそれがきっかけで若く美しい駆け出しの女優、セリアと出会って恋におちる。女優はイジーの口利きでオーディションを受けて大作への出演が決まる。
そして「マルホランド・ドライブ」の中で出て来たカウボーイは、この映画では謎の男ヴァンホーン博士(ウィレム・デフォー)だと感じました。イジーが死ぬ間際に、自分自身に「お前の生き方はどうだったか?」と問いかける、問いかける役割を果たしているのがヴァンホーンです。
幼い頃、兄とホタルを捕まえた思い出。この思い出はイジーにとって楽しいものではなく、家族と彼との間に溝を作る原因になったものでした。いつまでも頑に家族との関係を拒み続けた彼。
ホタルの光=不思議な光る石
ですね。

lulu-on-the-bridge-03-g.jpg

ラストはあまりにも悲しいものでした。
救急車の中で息絶えてしまうイジー。偶然通りがかった救急車の警笛が突然止まり、通りがかりのセリアが十字を切る。
イジーとセリア...実際には何のつながりもない、たまたまトイレの壁に貼られたセリアの写真を見ただけ。。。悲しすぎる現実。
亡くなる瞬間自分の人生に何らかの悔いが残っていたとしたら、それほど悲しいことはないと思います。
「マルホランド・ドライブ」は2001年の作品、そして「ルル・オン・ザ・ブリッジ」は1998年の映画です。
リンチ監督はこの作品を見たでしょうか…。
ミラ・ソルヴィーノ。最近は映画には出演していないようですが、どうしているのかな。
可愛らしくて、好きな女優でした。(お父様はバズ・ラーマンの「ロミオ+ジュリエット」でジュリエットの父を演じていたポール・ソルヴィーノです、よく似てますね)
そして、ハーヴェイ・カイテル。主役を演ることは少ないけれど、これまた好きな俳優です。
風貌がとくに好み!インディアンみたいな顔ですね、彼。寡黙で意志が強くて優しそう。「テルマとルイーズ」でもとてもいい役、ハマり役でした。
映画の中にカメオ出演でルー・リード(先日亡くなったばかりですね、残念です)やデヴィッド・バーンも出ています。
 
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村